0系新幹線の魅力

日本人にとって、新幹線はもっとも魅力的な電車といってもいいでしょう。日本各地を走るようになり、細長く広がっていく日本の中で、高速鉄道として大活躍しています。他の電車は知らなくても、新幹線はみただけでもわかる車両があるはずです。それだけ特別な鉄道として存在しているといっていいでしょう。

中でも象徴的だったのは、0系新幹線であることは間違いありません。1964年10月に東海道新幹線がスタートしていくことになりますが、最高速度は210km/hであり、これまでにはなかった鉄道として、世界で初めて高速鉄道の名前を冠することができました。夢の超特急と呼ばれたのは、世界ではじめてなのですから、当然の名称だったといえます。どんどんと期待も広がり、性能も向上されていきますが、これほどまで夢を乗せて走っていった新幹線は他にはありません。老朽化も進んでいきますが、マイナーチェンジを繰り返し、新造車両も投入しながら長い間日本の基幹路線として働いていくのです。

やがて性能も陳腐化していき、0系では支えることができなくなっていきます。国鉄の財政悪化なども絡んでいき、0系は廃止の流れになっていきました。それでも、新幹線のイメージは0系なのであり、続く100系よりも愛されたことは間違いありません。現在の新幹線に比べれば、確実に遅く性能も劣りますが、なぜここまで愛されたのかも改めて考えてみるべきでしょう。それほどの魅力も0系が持っているからです。


~東海道新幹線に乗るときのお役立ちリンク~
東海道新幹線は、東京と新大阪を結ぶ最も有名とも言える新幹線です。新大阪へ旅行する際は、ぜひ新幹線の利用を考えてみてはいかがでしょうか ≫ 東京 新大阪 新幹線